協会概要

九州クレーン協会事務局

住所 〒805-0061 北九州市八幡東区西本町3-3-26
北九州クレーン協会内
事務局長 秋好 旺介
TEL 093-662-7138
FAX 093-662-7136

協会役員

名誉会長 木村修一(筑後地区クレーン協会)
会長 合瀬武久(福岡クレーン協同組合)
副会長 高山嘉伯(大分クレーン協会)
副会長 外薗達蔵(西薩クレーン協会)
副会長 永山重隆(北九州クレーン協会)
理事 浦田耕蔵(長崎県クレーン協会)
理事 永井義政(鹿児島地区クレーン協会)
理事 真方誠也(宮崎県クレーン協会)
理事 高野広幸(熊本県クレーン建設業協同組合)
理事 赤星誠一(大分クレーン協会)
監事 馬渡雅敏(唐津・伊万里地区クレーン協会)

これまでの取り組み

平成29年6月21日 第25回サミット
場所 長崎県長崎市琴海戸根原町171 パサージュ琴海
参加 10協会・メーカー4社
主催 長崎クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成28年度活動報告・決算報告
  • 監査報告
  • 平成29年度活動計画・予算案
(4)安全講話「移動式クレーンの安全とメンテナンスについて」
(5)議案審議
  1. 各地区協会の現状報告と問題点
  2. 「人手不足」と「オペレーターの高年齢化対策」
  3. 要望事項
  4. メーカーへの要望事項
(6)共同声明
平成28年6月14日 第24回サミット
場所 佐賀県唐津市東唐津4-9-20 唐津ロイヤルホテル
参加 10協会・メーカー4社
主催 唐津・伊万里地区クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成27年度活動報告・決算報告
  • 監査報告
  • 平成28年度活動計画・予算案
  • 役員改選
(4)安全講話「電気と安全管理」
(5)議案審議
  1. 各地区協会の現状報告と問題点
  2. 移動式クレーン運転手の高齢化と人手不足の問題
  3. メーカーへの要望事項
(6)共同声明
平成27年6月4日 第23回サミット
場所 大分市田室町9番20号レンブラントホテル大分
参加 10協会・メーカー4社
主催 大分クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成26年度活動報告・決算報告
  • 監査報告
  • 平成27年度活動計画・予算案
(4)安全講話「移動式クレーンの無線使用について」
(5)議案審議
  1. 各地区協会現状報告と問題点
  2. 各地区における人件費調査アンケート集計
  3. メーカーへの要望事項
  4. 各地区における若手オペレーターの採用対策
  5. 国土交通省よりの要望事項
(6)共同声明
平成26年5月26日 第22回サミット
場所 宮崎県松山1丁目1番1号 宮崎観光ホテル
参加 10協会・メーカー4社
主催 宮崎県クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成25年度活動報告・決算報告
  • 監査報告
  • 平成26年度活動計画・予算案
(4)安全講話「クレーンによる公衆感電事故防止について」
(5)議案審議
  1. 各地区協会報告
  2. 各地区協会よりの要望事項
  3. 移動式クレーン適正料金の現状と今後
  4. 建設業・行政報告
  5. 安全活動
(6)共同声明
平成25年6月 第21回サミット
場所 福岡県久留米市六ツ門町広又16-1 ホテルニュープラザ久留米
参加 10協会・メーカー4社
主催 筑後地区クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成24年度活動報告・決算報告
  • 監査報告
  • 平成25年度活動計画・予算案
(4)安全講話「新しい省エネ対策について」
(5)議案審議
  1. 各地区協会報告
  2. 省エネ機種の開発について
  3. 建設業界における「社会保険未加入企業の排除」について
  4. 各地区における若手オペレーターの取り組み
  5. 安全対策
  6. 移動式クレーンの「適正料金」の在り方
(6)共同声明
平成24年6月 第20回サミット
場所 福岡県博多区博多駅東2-14-1 ハイアット・リージェンシー・福岡
参加 10協会・メーカー4社
主催 福岡クレーン協同組合
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成23年度活動報告・決算報告
  • 監査報告
  • 平成24年度活動計画・予算案
(4)安全講話「建設業における労働災害の防止対策について」
(5)議案審議
  1. 各地区の今期の稼働状況と協会運営
  2. 強風時の移動式クレーン作業安全規則
  3. 頻発する運転中のてんかん発作事故の対策
  4. 国土交通省九州地方整備局道路課よりのお願い
(6)共同声明
平成23年6月 第19回サミット
場所 鹿児島県鹿児島市山之口町4-20“ホテルレクストン鹿児島”
参加 11協会
主催 鹿児島地区クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成22年度活動報告・決算報告
  • 会計監査報告
  • 平成23年度活動計画・予算案
(4)議事
  1. 各地区の協会運営と稼働状況
  2. 移動式クレーン車事故の類似災害防止対策
  3. 東日本大震災による九州の公共工事大幅減
  4. 建設機械のリース業
  5. クレーンリース料金と諸費用の高騰
  6. 移動式クレーンの排ガス規制基準について
(5)共同声明
平成22年6月 第18回サミット
場所 熊本県熊本市城東町“熊本ホテル キャッスル”
参加 11協会
主催 熊本県クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成21年度活動報告・決算報告
  • 平成22年度活動計画・予算案
  • 会計監査報告
(4)議事
  • 各地区の協会運営と稼働状況
  • 安全対策について
    • 多発するクレーン事故に対する取り組み
    • 安全講演:株式会社 タダノ  LE開発 第一部長 合田洋之氏
      コンピュータが切れない機械の開発、販売に至った経緯について
  • その他
(5)共同声明
平成21年6月 第17回サミット
場所 長崎県五島市上大津 ”五島コンカナ王国”
参加 11協会
主催 長崎県クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成20年度活動報告・決算報告
  • 会計監査報告
  • 平成21年度活動計画・予算案
(4)議事
  • 各地区の経済状況報告(協会運営と稼働状況)
  • 安全対策について
    • 安全装置の鍵の管理について
    • アウトリガーロックピンの完全装着について
  • 国土交通省よりの通達について
  • 各種助成金の活用について
  • 国、県による緊急融資について
(5)共同声明
平成20年6月 第16回サミット
場所 佐賀県嬉野市嬉野町 ”嬉野温泉 ホテル 桜”
参加 11協会
主催 佐賀県 唐津・伊万里地区クレーン協会
議題 (1)開催地区代表挨拶
(2)九州クレーン協会会長挨拶
(3)総会事項
  • 平成19年度活動報告・決算報告
  • 会計監査報告
  • 平成20年度活動計画・予算案
(4)各地区の現状報告
  • 作業量と今後に見込みについて
  • 原油高騰による燃料費UPに対する対策について
(5)事故報告
(6)共同声明
平成23年6月 第15回サミット
場所 福岡県北九州市門司区港町 ”門司港ホテル”
参加 10協会
主催 北九州クレーン協会
議題 (1)九州クレーン協会活動報告・決算報告〜活動計画・予算案
(2)今年度の各地区の作業量見込みと適正料金収受について
(3)特殊車両の運行・コンプライアンス(法令順守)について
  • ラフタークレーン35トン以上の2軸製造禁止と新機種
  • 100トン以上の解体走行について
  • 25トン以上の通行許可条件の厳守
(4)リース会計基準・リース税の改定について
(5)安全対策と若手オペレーターへの技術の継承
(6)九州クレーン協会会員の情報の共有化
平成18年6月 第14回サミット
場所 大分県別府市 ”別府ホテル芙蓉倶楽部”
参加 11協会
主催 大分県クレーン工事業共同組合
議題 (1)九州クレーン協会活動報告・決算報告〜活動計画・予算案
(2)各地区クレーン協会活動報告
(3)適正料金の収受と業者間取引
(4)優良オペレーターの確保および、若手の育成
(5)法令遵守(コンプライアンス)の問題
(6)オペレーターの安全教育
平成17年6月 第13回サミット
場所 宮崎県宮崎市 ”フェニックス・シーガイヤ・リゾート”
参加 9協会
主催 宮崎地区クレーン協会
議題 (1)九州クレーン協会活動報告・決算報告
(2)九州クレーン協会活動計画・予算案
(3)役員の選任
(4)各協会の現状と直面する問題点 報告
(5)九州クレーン協会モデル料金の設定
(6)特殊車両(大型クレーン)の運行について
平成16年6月 第12回サミット
場所 鹿児島県川内市 ”ホテルグリーンヒル”
参加 7協会
主催 西薩クレーン協会・鹿児島地区クレーン協会
議題 (1)九州クレーン協会活動報告・決算報告
(2)九州クレーン協会活動計画・予算案
(3)各協会の現状と直面する問題点の報告
(4)特殊車両(大型クレーン)の運行について
※専門部会の設立
平成15年6月 第11回サミット
場所 福岡県久留米市 ”五月別館”
参加 7協会
主催 筑後地区クレーン協会
議題 (1)各地区クレーン協会の現況と課題
(2)九州クレーン協会決算報告
(3)九州クレーン協会のあり方
(4)九州クレーン協会規約の検討
平成14年6月 第10回サミット
場所 長崎県琴海町 ”パサージュ琴海”
参加 8協会
主催 長崎県クレーン協会
議題 (1)各地区クレーン協会の現況と課題
(2)ホームページ開設について
(3)九州クレーン協会のあり方
(4)九州クレーン協会規約の検討
平成13年6月 第9回サミット
場所 佐賀県唐津市 ”唐津ロイヤルホテル”
参加 10協会
主催 佐賀県唐津・伊万里地区クレーン協会、佐賀県クレーン協会
議題 (1)各地区クレーン協会の活動と問題点
(2)油圧式クレーンの作業料金の実施状況と問題点
(3)排出ガス問題と対策(情報交換)
(4)安全に関する問題提起
(5)九州クレーン協会のあり方
平成12年6月 第8回サミット
場所 福岡県福岡市 ”市民福祉プラザ”
参加 12協会
主催 福岡クレーン協会、筑後地区クレーン協会、北九州クレーン協会
議題 (1)各地区クレーン協会の景況
(2)トラック,ラフタークレーンの作業単価統一問題
(3)人件費と機会代を分けた見積方法の研究
(4)排出ガス規制問題の取り組み
(5)作業単価回復に向けた有効施策の検討
(6)安全講話
(7)アンケートからの提案・要望事項
平成11年6月 第7回サミット
場所 大分県別府市 ”ホテル白菊”
参加 12協会
主催 大分県クレーン協会
議題 (1)これまでのサミット経過報告(平成5年〜10年)
(2)トラック,ラフタークレーンの作業単価統一問題
(3)人件費と機会代を分けた見積方法の研究
(4)料金問題に関連し各協会の現状と歯止め報告
(5)排出ガス規制問題の取り組み
(6)多発する移動式クレーンの転倒・倒壊防止の取り組み
平成10年6月 第6回サミット
場所 宮崎県北郷町 ”ホテル北郷フェニックス”
参加 12協会
主催 宮崎地区クレーン協会
議題 (1)法人化について
(2)統一料金問題研究会報告
(3)不況時の料金問題について
(4)労災防止の取り組み課題について
(5)会報の発行について
平成9年6月 第5回サミット
場所 鹿児島県鹿児島市 ”ステーションホテル ニューカゴシマ”
参加 12協会
主催 西薩クレーンリース協会、鹿児島地区クレーン協会共催
議題 (1)各協会の活動実態報告
(2)法人化の問題点について
(3)週40時間労働制の実施
(4)作業料金の実態について
(5)特殊車両通行問題について
(6)会報「協会だより」の年4回発行
平成8年6月 第4回サミット
場所 熊本県熊本市 ”熊本ホテルキャッスル”
参加 12協会
主催 熊本県クレーン協会、有明地区クレーン協会、熊本県クレーン建設業協同組合共催
議題 (1)各協会の活動実態報告
(2)法人化研究会報告(各県の法人化の取り組み)
(3)今後の活動計画(会報発行・会員名簿)
(4)九州統一の作業料金算出について
平成7年6月 第3回サミット
場所 長崎県大村市 ”長崎インターナショナルホテル”
参加 14協会
主催 長崎県クレーン協会
議題 (1)各協会の活動実態報告
(2)九州クレーン協会の法人化について
(3)会則、会費について
(4)今後の活動方針(専門委員会の設置(案)、料金のあり方)
(5)九州クレーン協会の正式発足
平成6年6月 第2回サミット
場所 佐賀県嬉野町 ”ホテル桜”
参加 13協会
主催 佐賀県クレーン協会、佐賀県唐津・伊万里地区クレーン協会共催
議題 (1)週40時間労働制の取り組み
(2)道交法改正による安全対策の取り組み
(3)不況対策(料金維持のための方策)
(4)社員教育、研修対策について
(5)九州クレーン協会サミット会則について
平成5年6月 第1回サミット
場所 福岡県宗像郡玄海町 ”ひびき国民宿舎”
参加 15協会
主催 北九州クレーン協会
議題 (1)会員名簿作成
(2)適正料金表の整備
(3)福利厚生に関する取り組み
(4)安全の取り組み
(5)監督官庁との取り組み
(6)全国クレーン建設業との取り組み
(7)若手・女性オペレータの採用と教育
このページのトップへ

協会規定

九州クレーン協会 会則

第1章 総則

第1条 目的
九州クレーン協会は、九州各地区の会員が移動式クレーンによる建設事業の健全かつ総合的な発展を図り、地域社会に寄与する事を目的とする。
第2条 名称
本会は、九州クレーン協会(以下「本会」という)と称す。
第3条 会員
本会は、
  • イ.正会員 第1条の目的に賛同した九州各地区クレーン協会および個人または法人
  • ロ.特別会員 移動式クレーン製造メーカー
  • ハ.賛助会員 本会の目的を達するため事業を賛助し、または後援する者

第2章 事業

第4条 事業
本会は、前条の目的を達するために、次の事業を行う。
  1. 移動式クレーンの災害防止等に関する調査研究及びその総合指導
  2. クレーンによる建設事業の育成指導に関する施策の調査研究及びその推進
  3. クレーンによる建設事業に関する行政施策の実施に対する協力
  4. 移動式クレーンの適正な流通施策に関する調査研究及び推進
  5. クレーンによる建設事業に関する資料の収集及び提供
  6. その他、協会の目的を達成させるために必要な事業

第3章 所在地

第5条 事務局
本会は、事務局を 北九州市八幡東区西本町三丁目3-26
北九州クレーン協会内に置く。
第6条 事務局の職務
事務局は、第1条の目的と主旨に従い事業を遂行することを職務とし、会計全般を適正に行う。

第4章 役員

第7条 役員
本会には、次の役員を置く。
  • 名誉会長 若干名
  • 会長 1名
  • 副会長 4名以内
  • 理事 6名以内
  • 相談役 若干名
  • 会計監査 2名以内
第8条 役員の選任
名誉会長・会長、副会長・相談役及び会計監査役は会長会議で選任する。
また理事は各地区代表が就任する。
第9条 役員の任務
  1. 会長は本会を代表して会務を司る。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故ある場合は会長の任務を行う。
  3. 理事は各地区を代表し、会の運営に助成する。
  4. 名誉会長・相談役は、会の運営について助言する。
  5. 会計監査役は会計全般を監査する。
第10条 役員の任期
役員の任期は2ヵ年とする。ただし再選は妨げない。

第5章 会議

第11条 会議
会議は、サミット会議(総会)及び会長会議とし、全て会長が召集する。
第12条 サミット会議
通常サミット会議の開催県は各県単位で持ち回り、年1回(6月)開催する。
会議出席者は、会員・特別会員のみとする。
議題は総会事項と課題に分け、議案は会長会議で決定し、サミット開催担当県で関連資料を準備し、事前に会議内容を出席会員に通知する。
第13条 会長会議
会長会議は会長が必要と認めたとき開催する。
会議出席者は、会員・特別会員のみとする。
開催場所は、次期サミット開催県内で開催する。 議題は、会議の実効を挙げるため、事前に討論事項を通知する。
第14条 議決
議事決定権は、参加協会1票をもって合意決定する。

第6章 会費及び会計

第15条 会費
会費は各協会で年1回納入する。(5月)会費は別途定める。
第16条 会計年度
本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月末日に終わる。
第17条 監査
毎年事業年度ごとに、事業報告、決算報告書を作成し監査を受ける。

第7章 慶弔

第18条 慶弔
原則として各地区代表者及び準じる会員とする。
但し、都度必要に応じ会長が協議の上、施行する。

第8章 付則

第19条 付則
  1. この規約は、平成14年6月13日制定する。
  2. 改訂     平成23年6月30日 一部改定する。
            平成28年11月11日 一部改訂する。
このページのトップへ